MRIファントムで医療に貢献
Home研究

研究

私たちのMRIファントムの製作技術の基礎となっている研究をご紹介いたします。
また, がんの温熱療法用ファントムの開発についての研究もご紹介いたします。

(表示にはいずれもリンク先サイトへのログインが必要です。)

特許
発明の名称: 磁界生成器及びこの磁界生成器を備えた核磁気共鳴装置
MRI検査において, 試料を磁石の中に挿入する方法ではなく, 磁石の外側に配置する方法で検査できる側方型磁気回路の発明
特許番号: 第5147072号
発明者: 加藤博和ら
登録日: 平成24年12月7日
論文 (MRI用ファントム)
Development of MRI phantom equivalent to human tissues for 3.0-T MRI (リンク先:MedicalPhysics)
3T MRI用ファントムの開発。種々の人体組織の緩和時間・電気的特性とそのファントムの組成・緩和時間・電気的特性を表で掲載。
著者: Kengo Hattori, et al.
掲載誌: Medical Physics, 40(3), 032303-1 - 032303-11, 2013.
Visualization of stent lumen in MR imaging: Relationship with stent design and RF direction (リンク先:Acta Medica Okayama)
1.5T MRI用ファントムの開発。 ステントを挿入した使用例を掲載。
著者: Seiichro Ohno, et al.
掲載誌: Acta Medica Okayama, 66(3), 203-211, 2012.
Development of a human-tissue-like phantom for 3.0-T MRI (リンク先:MedicalPhysics)
3T MRI用ファントムの開発。 緩和剤の濃度と緩和時間の関係を求めている。
著者: Yusuke Ikemoto, et al.
掲載誌: Medical Physics, 38(11), 6336-6342, 2011.
Production of human-tissue-equivalent MRI phantom: Optimization of material heating (pdfファイル、リンク先:jstage)
1.5T MRI用ファントムの開発。 重さ2kgのファントムを作製する方法を掲載。
著者: Seiichiro Ohno, et al.
掲載誌: Magnetic Resonance in Medical Sciences, 7(3), 131-140, 2008.
Composition of MRI phantom equivalent to human tissues (リンク先:MedicalPhysics)
1.5T MRI用ファントムの開発。 種々の人体組織の緩和時間・電気的特性とそのファントムの組成・緩和時間・電気的特性を表で掲載。
著者: Hirokazu Kato, et al.
掲載誌: Medical Physics, 32(10), 3199-3208, 2005.
Development of a phantom compatible for MRI and hyperthermia using carrageenan gel - relationship between dielectric properties and NaCl concentration  (リンク先:Informa Healthcare)
1.5T MRI用ファントムの開発。 塩化ナトリウム濃度と導電率の関係を求めている。
著者: Hirokazu Kato, et al.
掲載誌 : International Journal of Hyperthermia, 20(5), 529-538, 2004.
Development of a phantom compatible for MRI and hyperthermia using carrageenan gel - relationship between T1 and T2 values and NaCl concentration (リンク先:Informa Healthcare)
1.5T MRI用ファントムの開発。 塩化ナトリウム濃度と緩和時間の関係を求めている。
著者: Atsushi Yoshida, et al.
掲載誌: International Journal of Hyperthermia, 20(8), 803-814, 2004.
Development of a tissue-equivalent MRI phantom using carrageenan gel (リンク先:WILEY)
1.5T MRI用ファントムの開発。 緩和剤の濃度と緩和時間の関係を求めている。
著者: Koichi Yoshimura, et al.
掲載誌: Magnetic Resonance in Medicine, 50, l011-1017, 2003.
論文 (ハイパーサーミア用ファントム)
ハイパーサーミア用ファントム (リンク先:CiNii)
ハイパーサーミアにおける生体の特性と、電磁ファントム・超音波ファントムの特性についての総説。
著者: Hirokazu Kato, et al.
掲載誌: Japanese Journal of Radiological Technology 43(1), 48-59, 1987-01-01.
Development of an agar phantom adaptable for simulation of various tissues in the range 5 - 40 MHz
(リンク先:NCBI)
5-40MHzにおいて、導電率・誘電率を任意に設定できるハイパーサーミア用ファントムの開発。
著者: Hirokazu Kato, et al.
掲載誌: Physics in Medicine and Biology, 32(2), 221-226, 1987.
An agar phantom for hyperthermia (リンク先:MedicalPhysics)
食塩濃度を可変とした、1-40MHzに対するハイパーサーミア用ファントムの開発。
著者: Hirokazu Kato, et al.
掲載誌: Medical Physics. 13(3), 396-398, 1986.
Muscle equivalent agar phantom for 13.56 MHz RF-induced hyperthermia (リンク先:CiNii)
13.56MHzにおいて筋肉等価なハイパーサーミア用ファントムの開発。
著者: Hirokazu Kato, et al.
掲載誌: Shimane Journal of Medical Science, 4, 134-140, 1980.
ページトップへ
Copyright (C) 加藤メディエンス All Rights Reserved.